不動産会社や物件探しで注目してほしい部分を紹介

家族

不動産会社の探し方

不動産会社には色々な会社や種類があるので、どのように探せばいいのかわからないという人も少なくありません。
まず探す時のポイントとして重要なのが、住みたいエリア内で探すことです。不動産会社には自分たちが担当するエリアがあり、物件周辺の地域情報をしっかりチェックしています。このため不動産情報以外の地域情報もチェックすることができるので、まずは自分の住みたいと思っているエリアの物件を取り扱っている不動産会社がどの程度あるのか把握しておくのが大切です。
また不動産会社には多数の店舗を構えている大手と地域密着型の2種類があります。それぞれにメリットやデメリットがあるので、不動産物件を選ぶ上で自分が重視したいポイントを押さえている不動産会社の種類を選ぶのもおすすめです。

家

不動産会社を選ぶ際の注意点

不動産会社を選ぶ時に注意しておきたいのが、複数の不動産会社を比較検討することです。
不動産会社には色々な特徴やメリットデメリットがあるほか、物件の価格の相場や仲介手数料がどの程度かかってくるのかが異なってきます。さらに不動産を購入した後のアフターケアの内容や質も異なってくるので、まずは複数の不動産会社に問い合わせをしたり情報提供をしてもらいながら比較検討をするのがおすすめです。
さらに直接担当者と話をする機会があった場合には、相手が信用できると判断できるかどうかも重要なポイントだと言われています。特に不動産の購入となると大きなお金が動きますし、不動産会社との付き合いも決して短いものではありません。そのため長期的にお付き合いができる担当者や不動産会社であるかどうか、直接話をして見極める必要があるのです。

インテリア

不動産会社を使った物件の探し方

利用する不動産会社を選んだ後は不動産会社を使って物件を探すことになるのですが、探し方としては「インターネット上のサイトで検索する」方法と「直接不動産会社に出向いて探す」方法があります。
インターネット上で不動産会社のホームページまたは不動産情報を扱っているサイトを利用すれば、自分が住みたいエリア内の不動産を条件設定をして検索することができます。特に不動産会社のホームページを利用すればほかの不動産会社の物件の情報が出てこないので探しやすいですし、ゆっくり時間をかけて不動産物件の目星がつけやすいのがメリットです。
また直接不動産会社に出向けばその時その時で掘り出し物の物件を見つけやすく、担当者と直接話をしながら物件を探すことができるところが魅力となっています。場合によってはそのまま物件の内見も可能ですし、物件周辺を担当者と一緒に回ることもできるので早めに不動産を決めたい場合に便利な方法です。

ハウスメーカーと工務店の違いとは?

ハウスメーカーは全国チェーンの建設業

ハウスメーカーは、簡単に言ってしまえば全国展開している建設業のチェーン店です。
このため全国規模で展開しているので知名度が高く信頼性の高さが売りだとされていて、安全品質の高い家を建ててもらえるところがメリットになります。また耐震設計や保証に関しての安心感も高いので、価格に見合った家を購入したい人や安全性を重視して家を検討したい人におすすめです。
ただ間取りなどの細かな部分に関しての対応が難しいところがあり、臨機応変に対応できないところがデメリットだと言われています。このためある程度チェーン店ならではの定番の間取りになりやすく、建設や購入にかかる費用も高くなりやすい傾向がみられるようです。

工務店は地域密着型の個人店

ハウスメーカーが大手チェーン店であるのに対して、工務店はいわゆる地域密着型の地元に根付いた建設業です。
このため個人で経営されているところも多く、地域に根付いているサービスだからこその細かな気配りや低コストでの家づくりがしやすい点が大きなメリットだと言われています。このため予算内であればある程度要望を聞いてもらいやすく、ハウスメーカーにはない自由度の高い間取りを考えられるところが魅力です。
ただハウスメーカーと比較すると安全品質や保証の面で不安が残る場合もあり、工務店によって異なっている点に注意が必要だとされています。

建設する前に住宅展示場を訪れよう!

不動産会社や家を建てる場所や間取り・デザインが決まったら、いよいよ家を建設することになります。
ただ実際に家を建設する前にしておきたいことの一つとして言われているのが、住宅展示場を視察することです。住宅展示場はハウスメーカーや工務店が公開しているモデルハウスやモデルルームであり、それぞれの家の間取りやデザインを直接確認することができます。
住宅展示場は新築が建設される時期に一定期間公開されていて、モデルハウスやモデルルームの公開以外にも様々なイベントが行われているケースも少なくありません。このためちょっとしたイベント気分で訪れるのもいいですし、すでに間取りやデザインを決めている人だけではなくまだ決まっていないという人にもおすすめとなっています。

住宅展示場に足を運ぶメリット5選

女性

一つの展示場で複数のモデルを見ることができる

住宅展示場は一つの不動産会社がいくつもの住宅のモデルハウスやモデルルームを公開しているため、一度に多くの間取りやデザインを確認することができます。しかも通常の完成した住宅では見られないような細かな部分や壁の中の配管や配線もチェックできるので、より細かく間取りや物の配置をイメージしやすくなっているのです。
ほかにも触ったり体験してみないとわからない空調設備や床暖房なども体験できるので、イメージだけでよくわかっていなかったものを理解するという意味でも大きな意味を持っています。

不動産会社の比較検討がしやすい

また複数の住宅展示場を回ることによって、それぞれの不動産会社の住宅の特徴やメリットデメリットを把握しやすいところも足を運ぶメリットの一つです。
一見同じように見える物件であっても不動産会社によってこだわっている部分が違ったり、微妙な間取りやデザイン、使っている素材の違いがあります。これは言葉や写真で見るよりも住宅展示場で直接モデルハウスやモデルルームを確認した方がわかりやすく、目で見るだけではなく手で触れることができるので様々な情報を総合して比較検討しやすくなるのです。

公平中立なスタンスで公開されている

一般的に住宅展示場の運営は、出店している不動産会社ではなく別の会社や業者が担当しています。
このため住宅展示場で展示されているモデルハウスやモデルルームに関して、運営している会社は公平中立なスタンスを保っているのです。これによって一部の不動産会社に有利になるような情報提供や住宅照会がされることはないので、複数の不動産会社を比較検討したい人にとっては平等に不動産に関する情報を集めやすいと言えます。

家族連れでも訪れやすい配慮がされている

不動産を探している人の傾向としてはファミリー層が多いと言われていますが、子供を連れて住宅展示場を回るのは難しいという人も少なくありません。
そのようなファミリー層向けに住宅の展示以外にも、子供向けのイベントや出店などが提供されています。このため子供と遊びながら住宅の情報を集めることができますし、ちょっとしたイベント気分で住宅展示場回りを楽しめるようになっているのです。実際にイベント目的で参加している人も少なくないと言われています。

住宅に関する無料相談ができる

ほかにも住宅展示場に足を運ぶメリットとしては、住宅や不動産会社に関する資料を集められる点や住宅に関する無料相談ができる点が挙げられています。
特に無料相談では家を建てるにあたって気になる点や不安に思っている点を相談できますし、不動産会社それぞれの特徴や違いについても質問ができるのです。このため単純に情報収集をするだけではなく、気になっている疑問点を解消するという意味でも大きな役割を担っていると考えられています。